正在加載......
Untitled Document
ホーム 来店予約 マップ 中 文
Untitled Document
 
 

アリーシャについて

 

レースは私たちのミューズ

● 1981年 デザイナーのアリーシャは欧米や中東の有名ブランドのもとで、幸せなキャリアをスタートした。そして、新郎新婦の夢を実現するため、力を尽くし、多くの経験を蓄積してきた。

● 1993年 アリーシャは中国人向けの市場に専念するため、台北にプライベートスタジオを開設した。

● 2001年 ブライダル業界の競争が激化するなか、ヨーロッパを旅行した折り、小規模なショップの個性あふれる雰囲気に触れ、高級品を主とするウエディング・コンセプトが生まれる。

● 2009年 Alisha & Laceのデザイナーグループを立ち上げる。

● 2011年 プライベート・ブランドであるAlisha & Laceを設立する。
美しいフランスレースは、アリーシャに多くのインスピレーションを与え、創作を生み出す源となっている。作品を見ると、アリーシャが、レースに花模様を貼り付けて、ウエディング・ドレスに立体的な質感と美しいラインを作り出す技術に優れていることが分かる。レースはアリーシャにとって芸術を生み出すミューズといえよう。

  美は組み合わせから生まれる

アリーシャは、デザインでは異なる角度からスタートし、時には作品に華やかさを加え、時にはゴージャスな雰囲気を抑える。

そして、長年にわたる経験のもと、さまざまな素材の特徴をつかみ、巧みに使い分けることによって、大きな効果をあげている。アリーシャの心の中には美しくないものはない。

アリーシャはいつも、次のように言う。「美は組み合わせから生まれるものです。デザイナーは常に工夫をこらして、それぞれの素材の質感、色調のバランスをとります。また、レースの透け感を生かし、レース、スパンコール、羽毛飾り、蝶結びなどをあしらって引き立たせます」

アリーシャがデザインで最も基本とするのは、それぞれのディテールが互いに引き立てあい、効果を生み出すこと。オーダーのときにまず、新婦の体形に合ったドレスラインの比率をつかみ、型をとって試した後、縫製に進む。全工程を完了して、最終的な試着のときに希望に合わせて真新しいベール、花飾り、アクセサリーなどを付ける。

これらの作品は全て、アリーシャが長年の間に収集し、また、自ら開発したレース織りのなかから、異なる素材の組み合わせによって完成したもの。

 

▲ TOP


 

gotop